茶畑(被覆栽培)

【冠茶(かぶせちゃ)】

ワラや寒冷紗などで1週間前後茶園を覆い(被覆栽培)、日光を遮って育てたお茶のことです。

陽の光をあてずに新芽を育てるため、茶葉の緑色が濃くなり、渋みが少なく旨みを多く含みます。同様に被覆栽培する緑茶として「玉露」がありますが、玉露はかぶせ茶よりも被覆期間が20日前後と長くなっています。

【玉露(ぎょくろ)】

新芽が2~3枚開き始めたころ、茶園をヨシズやワラで20日間ほど覆い(被覆栽培)、日光をさえぎって育てたお茶が「玉露」になります。

最近は、寒冷紗などの化学繊維で覆うことも多くなっています。

光を制限して新芽を育てることにより、アミノ酸(テアニン)からカテキンへの生成が抑えられ、渋みが少なく、旨みが豊富な味になります。

海苔に似た「覆い香」が特徴的です。同様の被覆栽培するかぶせ茶は玉露よりも短い1週間前後の被覆期間です。

【粉茶(こなちゃ)】

玉露や煎茶の仕上げ加工工程で、廻しふるいなどで選別された細かい粉だけを抽出したお茶です。

茶葉そのものが抽出液に多く含まれるので、水に溶けない有効成分を効率的に摂取することができます。

色合いの鮮やかな緑色のお茶で、味も濃く出ます。茶葉が粉状なので、お茶をいれたときに細かい茶葉そのものも入りやすくなります。そのため、緑の色合いが鮮やかで、濃い味が特徴です。

【芽茶(めちゃ)】

芽の先の細い部分を選別したお茶です。旨みを多く含み、味が濃くでるのが特徴です。

玉露や煎茶の仕上げ加工工程で、芽の先の細い部分を選別したお茶です。

高級茶の原料となる一番茶または二番茶から選別するため、お茶の旨みを多く含んでいます。見た目はコロコロとしており、味が濃くでるのが特徴です。