玉緑茶

【玉緑茶(たまりょくちゃ)】

佐賀の嬉野茶などに代表されるお茶で、主に九州北・中部でつくられます。丸まった茶葉の形が特徴的なお茶です。

荒茶製造工程の途中までは煎茶と変わりませんが、精揉(最後に形を細長くまっすぐに整える)工程がなく、蒸し製と炒り製に分けられます。

【蒸し製玉緑茶】

茶葉を蒸気で蒸し、よく揉んで、勾玉のような丸い形にする。グリ茶とも呼ばれ、程よい甘味とほろりとした渋み。深蒸し茶は渋み、苦味が少ないのが特徴です。

【釜炒り製玉緑茶】

生葉を蒸さずに高温の釜で炒り、丸い形状に仕上がったお茶のことです。

釜伸び茶と同じように、「生葉を熱処理し、葉の形状を整え、水分をある程度まで下げて保存に耐えられる状態」にする荒茶製造加工において、釜で炒って製造しただけでなく、玉緑茶と同様に精揉(せいじゅう)工程がなく、回転するドラムに茶葉を入れ、熱風を通して茶葉を乾燥させたお茶が「釜炒り玉緑茶」です。精揉工程がないので、茶葉が撚れておらず、丸いぐりっとした形状に仕上がります。

「釜で炒る」ことや「ぐりっ」とした形状の特徴から、「カマグリ」とも呼ばれます。鉄製の釜で直接茶葉を炒って加熱。勾玉のような丸い形。生葉を蒸さずに製造したお茶で香ばしい香りで喉ごしがさっぱりとしているのが特徴です。