緑茶の種類

【釜伸び茶(かまのびちゃ)】

生葉を蒸さずに高温の釜で炒り、茶葉を細よりに整えつくられるお茶です。

お茶は、茶園で栽培した生葉を加工することによって製品となります。

生葉は、摘採した時点から酸化酵素の働きによって発酵が始まりますが、緑茶は新鮮な状態で熱処理(蒸す・炒る)することで酸化酵素の働きを止めた「不発酵茶」です。

この「生葉を熱処理し、葉の形状を整え、水分をある程度まで下げて保存に耐えられる状態」にすることを荒茶製造加工といいます。

「釜伸び茶」と呼ばれるお茶は、生葉を蒸すのではなく高温の釜で炒って熱処理し、さらに精揉機を使って茶葉を細よりに整えて製造したお茶のことです。

【頭(頭柳)(あたま、あたまやなぎ)】

仕上げ加工工程で、選別された扁平なお茶です。やや硬化した葉が、柳の葉のように扁平に揉まれた茶葉を選別したものを、「頭(あたま)」または「頭柳(あたまやなぎ)」と呼びます。

【茎茶(くきちゃ)】

仕上げ加工工程で、新芽の茎だけを選別したお茶を茎茶と呼びます。さわやかな香りと甘みをもつのが特徴です。

玉露や煎茶の仕上げ加工工程で、選別機によって新芽の茎だけを抽出したお茶です。

中でも玉露や高級な煎茶の茎は、「かりがね」と呼ばれて珍重されています。

艶のある鮮やかな緑の茎茶ほど、甘みがあります。赤褐色の太い茎は、機械刈りした硬い部分で、地域によっては「棒茶(ぼうちゃ)」として販売されています。